かゆいなら我慢しないで!簡単に布団のダニを退治する方法!

 

睡眠時に誰もが使用する布団。
基本的には毎日使用するため、布団には非常に多くのダニが住み着いています。

 

私たち人間のフケや垢、ホコリなどをエサにして大量に布団に繁殖するダニを何とかしたいという方も非常に多いです。
そこで、今回は布団のダニ駆除に関するお役立ち情報をまとめましたのでご覧ください。

 

 

布団のダニとは?

 

 

 

よくテレビや生活雑誌などを見ていると、布団のダニ駆除に関しての情報が取り上げられていますが、
それぐらい布団に住み着いているダニというのは厄介なものです。

 

一般的に布団というのは高温多湿の環境となりやすいです。
これはダニが繁殖するにはほぼベストな環境でもあります。

 

一般家庭で見られるダニは5種類ともいわれていますが、
その中でも布団やカーペットなどに生息するのがチリダニ(ヒョウダニ)と呼ばれる種類です。

 

チリダニ(ヒョウダニ)は前述のように布団に付着したホコリや人のフケ、垢などをエサにして大量繁殖していきます。

 

主な特徴としては、人を噛むようなことはしませんが、
その死骸や糞が鼻炎や喘息などを引き起こす原因となります。
特に小さな子どもは注意しておかないとアレルギーにかかったり風邪などの体調不良につながる恐れもあります。

 

もちろん、大人もダニが大量に住み着いた環境で生活すると同じような症状が現れる可能性もあるため、
時間に余裕がある時には布団のダニ駆除をしておく必要があるといえるでしょう。

 

 

 

布団のダニは自分で駆除できるのか?

 

『布団のダニを駆除したいけど自分でできるものなの?』と疑問を抱いている方も少なくないようです。

 

結論からいうと布団のダニ駆除は少し手間がかかるかもしれませんが、
自分でも行うことが可能です。

 

これは、方法によっては専門の業者に依頼するより安く収まる可能性もあるため、
極力出費を抑えたダニ駆除方法を望む方にとってはおすすめです。

 

ここでは、自分で布団のダニ駆除を行う方法とその効果に関してまとめました!
いくつか取り上げてみたので参考にしてみてください。

 

 

自分でできる布団のダニ駆除1〜ダニ取りシート〜

 

ダニ取りシートのメリットはダニを生きたまま捕獲するため、
ダニの死骸が布団に残らないという点です。

 

ダニによる喘息や鼻炎などは、生きたダニよりも死骸が大きく関係していることが多いです。
※ダニの死骸は、生きているダニのエサにもなり大量繁殖の原因にもつながります。

 

ダニ駆除というのは1日、2日で終わるものではなく、継続的に行う必要があります。
そのため、殺虫剤などの有害物質が多い駆除方法は小さな子どもがいる家庭では極力避けたいところです。

 

ダニ取りシートであれば、殺虫剤のような有害物質も気にする必要がなくなるため、
この点も使いやすい理由の一つに挙げられます。

 

また、ダニ取りシートの使い方は基本的には気になる場所に置くだけで、
その効果を実感できるため普段の生活が忙しいという方にもおすすめ。

 

効果としては1日、2日で結果が出るものではありませんが、
1週間ほど経つと痒みがなくなったという声が多いのが特徴です。

 

ダニ取りシートは殺虫剤のような即効性はありませんが、
継続することで確実にダニを駆除できる方法ともいえるでしょう。

 

ダニ取りシートでダニ駆除を行う時の注意点ですが…。
基本的には価格が効果に直結することが多いため、
安すぎるダニ取りシートや海外製の商品は効果があまり期待できません。

 

ダニ取りシートを購入する時は少し価格が高めのものを購入するのが無難です。

 

 

 

自分でできる布団のダニ駆除2〜レイコップの効果は?〜

 

UVランプ(紫外線)を照射する方法でダニを殺して吸い上げることができることから注目を集めたレイコップ。

 

その効果が気になるところではありますが、
実際には生きたダニを殺すことは難しいという検証結果があるなど、期待ほどの効果がないことが近年ではわかってきました。

 

ただし、レイコップの場合は死んだダニを効率的に吸い上げることができるのが大きなメリット。
UVランプは残念ながらダニを死滅させる効果はありませんが、
吸引力の高さは最新モデルにおいて改善されているため、布団クリーナーとしての効果は大きくなっています。

 

ダニ駆除効果は期待値よりも低いものですが、
生きたダニを死滅させる方法とセットで取り入れてみると高い効果を発揮できるのではないでしょうか。

 

 

 

自分でできる布団のダニ駆除3〜天日干しの効果は?〜

 

天日干しに関してですが、
こちらも残念ながらダニを死滅させるのは難しいといわれています。

 

その理由の一つにダニは60度以上でなければ死滅しないというのがあります。

 

そのため、夏には一定の効果が見込める可能性もあります。
ただ、布団の奥のほうは60度に達することが少ないため、全てのダニを死滅させるというのは難しいでしょう。

 

天日干しで布団のダニ駆除を行う場合のポイントですが、布団の両面にしっかりと太陽の光を当てることです。

 

これは、片面だけだとどうしても反対側に逃げたダニに対しての効果が小さくなるためです。

 

また、1日だけでなく3日〜5日連続で天日干しを行うことで多少の効果を見込めることもあります。
ちなみに、ダニを100%死滅させることは難しいですが、
天日干しの場合は湿度が低くなるというメリットがあり、これによりダニの繁殖を防ぐ効果が期待されています。

 

 

自分でできる布団のダニ駆除4〜布団の丸洗いの効果は?〜

 

洗濯機などで布団を丸洗いする方法も定番のダニ駆除の一つですね。
気になる効果ですが、布団の丸洗いの最大のメリットはダニのエサになるフケや垢を綺麗に除去できる点です。
これにより、ダニの増殖を防ぐ効果が期待できます。

 

また、布団に付着したフケや垢、汗、ダニの糞などは水溶性の汚れのため、文字通り水につけこまないと落とすことは不可能です。
そのため、定期的に布団の丸洗いをする方法はダニの増殖を抑え見た目的にも良好な状態にするにはピッタリです。

 

そして、ダニの死滅に関してですが、
これは残念ながら100%死滅させることは難しいともいわれています。

 

もちろん、丸洗いはダニを水に溺れさせることが可能ですから多少の効果は期待できますが、布団の奥に逃げ込んだダニもいるため1匹残らず除去するというのは不可能です。

 

ただし、アレルギーの症状がある方などは、影響を受けないレベルにまでダニの数を減らすことができるため、
トータルで見た場合には布団の丸洗いのダニ駆除は効果が高いともいえます。

 

⇒わたしが使っている布団の丸洗いできるクリーニング店

 

 

1つの方法で効果が実感できない時は他のダニ駆除方法も取り入れよう!

 

自分で行うことが可能なダニ駆除というのは探せば色々とあることがおわかりいただけたと思います。
ポイントは、、一つの方法でダニを除去するのではなくさまざまな方法を取り入れながら行うことです。

 

例えば!
ダニを死滅させることは難しいけど・・・。
「ダニの死骸や糞などを除去できる方法」と「ダニを死滅させることができる方法」をセットで行うことで、
効率度というのはグンとアップします。

 

少し工夫を施すだけで、自分でもダニを綺麗に取り除くことができます。
現在、布団のダニでお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。